カテゴリー: # 暮らし # 建物 # 香美町 # 香住エリア 

 香美町で初めて国の登録有形文化財に選ばれた森田家住宅。明治初期に建設された森田家住宅は、大規模な養蚕ようさん農家の形式を残しており、庄屋屋敷としても貴重なものだと言われている。
 1870年(明治3)に建設された入母屋造の屋根を持つ母屋や、明治初期に建設された白の漆喰塗りが特徴の土塀の他、付属室と中門・塀の景観が評価され、同宅敷地内の計4点が文化財登録されている。外壁、屋根が新しくなっているが、内部構造材は当初のままほぼ残されている。
 第2次世界大戦の前後までは、地元で栽培された桑の葉を使って、大規模な養蚕ようさんが行われていた。

所在地 香美町香住区隼人
文化財指定 国登録有形文化財
問い合わせ
関連サイト
備考