カテゴリー: # 神社・寺院 # 神社 # 朝来市 # 和田山エリア 

表米神社(朝来市提供)

半円形石積段型桟敷「相撲桟敷」

 祭神は表米親王ひょうまいしんのうを祀る。境内の参道左手に広場を有し、全国的にも珍しい半円形石積段型桟敷いしづみだんがたさじき相撲桟敷すもうさじき」が残っている。中央の土俵を囲んで半円形に6段の石積みが施され、現代で言う野外観覧席のような趣。江戸末期・明治期の座席割図が各1枚残っていることから、村の行事に利用されていたことがわかる。また、正面には舞堂まいどう(舞台)もあり、歌舞伎など芝居見物にも使用されていたとされる。

所在地 朝来市和田山町竹田
文化財指定 県指定有形民俗文化財(相撲桟敷)
問い合わせ
関連サイト
備考