カテゴリー: # 神社・寺院 # 神社 # 香美町 # 村岡エリア 

黒野神社(2019協会撮影)

黒野神社(2019協会撮影)

 祭神は天御中主命あめのみなかぬしのみことのほか、3柱を祀る。かつて伊津岐いつき山(宮山)にあったことから、別称、伊津岐神社と言う。1436年(永享8)に現在地に移ったとされ、創建は807年(大同2)と伝えられる。江戸時代には社領の寄進を受けるなど村岡領山名氏の保護が篤く、歴代藩主は城中鎮護の氏神として崇めた。神社真向かいの山の中腹には、山名氏3代矩豊のりとよから8代義方よしかたまでの墓碑が並ぶ。
 「絹本著色釈迦十六善神像けんぽんちゃくしょくしゃかじゅうろくぜんしんぞう」は、南北朝時代の作と言われる。鎌倉時代に隆盛であった、「大般若経」の転読に使用された本尊。釈迦如来を中央に、十六善神が守護するように描かれ、切金を多用した落ち着いた作風。また、鎌倉時代の舞楽面「貴徳きとく面」が保存されている。

所在地 香美町村岡区村岡
文化財指定 国指定重要文化財 絹本著色釈迦十六善神像(絵画)/県指定重要文化財 本殿(建造物)
問い合わせ
関連サイト
備考