カテゴリー: # 自然 # 名勝・奇勝 # 豊岡市 # 日高エリア 

栃本の溶岩瘤(2020協会撮影)

栃本の溶岩瘤(2020協会撮影)

 神鍋かんなべ火山群の活動により、流出した溶岩は15kmにも及び、水の流れに侵食された奇岩群が稲葉川いなんばがわの景観をなしている。二段滝の脇にある「栃本の溶岩瘤」もこの奇岩群のひとつ。
 この溶岩瘤の形は、稲葉川がつくった自然堤防の上を神鍋溶岩が覆い、後に溶岩背後の土砂が流れ出したためにできたもの。溶岩瘤の下の風穴は、古くは穀物や蚕種かいこたねの貯蔵に利用されたと言う。

所在地 豊岡市日高町栃本
文化財指定 県指定天然記念物
問い合わせ
関連サイト https://hidaka.kannabe.info/
備考 ※ガイドあり
日高神鍋観光協会
TEL0796-45-0800