カテゴリー: # 人物 # 豊岡市 # 日高エリア 

植村直己冒険館

 世界に誇る不屈の単独冒険家。豊岡市日高町上郷かみのごうに生まれた。高校卒業とともに運輸会社の東京出張所に勤務するが、やはり大学で学びたいと思い、1年遅れで明治大学農学部に入学。そこで初めて登山と出会う。山岳部に入部し、勉強そっちのけで、年間3分の1は山に入ると言う熱心さであった。
 最初の4年半にわたる放浪では、ゴジュンバ、カン峰、ケニア山、キリマンジャロ、モンブラン、マッターホルン、アコンカグア登頂やアマゾンいかだ下りなど、数々の単独冒険記録をうち立てて帰国。1970年(昭和45)、日本山岳会エベレスト偵察隊に参加、日本人としては最初にエベレストの山頂に立ち、続いて、アラスカのマッキンリー山(現在はデナリ)登頂に成功。五大陸の最高峰をすべて制覇した。結婚後も夢を追いかけた直己は、北極圏1万2,000km・犬ぞり単独行で北極点到達・グリーンランド縦断など数々の冒険を成功。世界中の人々に冒険家として知られるようになり、イギリスからバーラー賞(勇気ある人)が贈られた。
 次の目標を南極大陸横断と南極大陸最高峰ビンソン・マシフ登頂におき、準備を進めていたが、1984年(昭和59)2月、南極への準備行動のひとつと考えられる冬のマッキンリー(デナリ)へ登頂を敢行。登頂を成功させた後、消息を絶った。明治大学OBは捜索隊を編成し、3月、5,200mの雪洞に大量の遺品を発見(植村直己冒険館にて展示)。4月、本人不在のまま国民栄誉賞が贈られた。但馬人気質と言われる、粘り強さと不屈の精神は今もなお多くの人に感銘を与え続けている。

所在地
文化財指定
問い合わせ
関連サイト http://www3.city.toyooka.lg.jp/boukenkan/
備考 豊岡市日高町生まれ
(1941〜1984)

(見学可能施設)
植村直己冒険館
TEL0796-44-1515