カテゴリー: # 近代化遺産 # 近代化遺産(その他) # 豊岡市 # 豊岡エリア 

豊岡稽古堂(豊岡市提供)

 1927年(昭和2)の建設。3階は後年に増築されている。旧豊岡町役場、旧豊岡市役所本庁舎として使用された。中央に車寄せと塔屋を立ちあげ、縦方向を強調させている。左右に大きなアーチ窓を連ねて軒先に持ち送り風の装飾をつけ、中心性を強調した官庁建築である。
 2011年(平成23)に新庁舎の建設工事が始まり、本庁舎は近代化遺産として評価が高いことや北但大震災の記憶をとどめる貴重な建築物として、保存・活用されることになった。従来の位置より南に約25m移設され、1階と3階は市民の憩いの場として、2階は議場として利用されている。 

所在地 豊岡市中央町
文化財指定
問い合わせ
関連サイト https://www.city.toyooka.lg.jp/shisei/soshiki/shiyakusho/1002348/1002353.html
備考