カテゴリー: # 人物 # 朝来市 # 和田山エリア 

 遅咲きの新人として名作を残した児童文学作家。1909年(明治42)に朝来市和田山町宮田みやだに生まれ、兵庫県明石女子師範学校を卒業後、小学校教員として教べんをとった。退職後、同人誌で作品を書き始め、1973年(昭和48)、64歳で初めての出版作品となる「じろはったん」を発表。生まれ育った故郷が舞台で、日本児童文学者協会新人賞を受賞するなど、代表作となった。この作品は心優しき知的障害者の青年「じろはったん」と、神戸からの疎開者や地元の人との心の交流が描かれ、ミュージカル作品としても上演されている。地元では「じろはったん」の心の優しさ、思いやりを軸とした村づくりが進められている。

所在地
文化財指定
問い合わせ
関連サイト
備考 朝来市和田山町生まれ
(1909〜1989)