カテゴリー: # 暮らし # 伝説・昔話 # 養父市 # 大屋エリア 

 養父市大屋町若杉わかすの犬小路の山奥に、藤無山ふじなしやまと言う山がある。昔この山の頂上で争いごとがあった。出雲の国を治めている大国主命おおくにぬしのみこと(大黒様)は、東の方の但馬の国も治めようと、また、新羅しらぎ(朝鮮)の国から日本に移住してきた天日槍あめのひぼこと言う神様が定住するところを探して、この藤無山ふじなしやまに登ってきた。
 どちらも引き下がろうとせず、二神は力ずくでも但馬の国に入ろうとしたが、互いによい知恵を出し、改めてこの山の頂上で決めようといい、再び藤無山ふじなしやまの頂上で会った。いろんな案を出した二神は、藤カズラに石を結び、振り回して石の落ちた方を治めると言うことになった。二神は藤カズラを探し回っていたがみつからず、かわりのシラクチカズラを見つけ、それに石をつけ投げることにした。
 最初に、大国主命おおくにぬしのみことが投げ、続いて天日槍あめのひぼこも投げ、二神とも但馬の方へ。2回目も両方同じ方向へ。そして3回目で大国主命おおくにぬしのみことの投げた石は、出雲の方へ。天日槍あめのひぼこの投げた石は但馬の方へ飛んでいった。それを確かめた大国主命おおくにぬしのみことは、「ここを境に西の国を治める」といった。そして、「この山にはいくら探しても藤カズラはみあたらなかった。この山を藤無山ふじなしやまと名づけることにしよう」といい残し帰っていった。
 そして、天日槍あめのひぼこは但馬の国を目指し歩いていると、自分の投げた石を見つけた。そこには3つとも投げた石が落ちており、それをみた天日槍あめのひぼこは、ここに住みつき、このあたり一帯を治めるといった。そこが今の出石であったと言われている。

所在地 養父市大屋町若杉
文化財指定
問い合わせ
関連サイト
備考