カテゴリー: # 神社・寺院 # 寺院 # 養父市 # 八鹿エリア 

今滝寺仁王門(2020協会撮影)

今滝寺入口(2020協会撮影)

今滝寺鰐口(2020協会撮影)

 山名やまな四天王のひとりであった八木城主八木氏の菩提寺で、1069年(延久元)に覚増上人かくぞうしょうにんが創建したとされる。かつては観音堂(本堂)を中心にして九院三坊の寺院があった。現在は本堂と仁王門が残る。仁王門の「木造金剛力士立像」は、体内の墨書銘から1257年(正嘉元)に制作されたもので、仏師は阿形あぎょう像が澄玄、吽形うんぎょう像が淡路公と判明した。彫刻は地方作と見られるが、鎌倉時代中期の力強い力士像である。
 また、「鰐口わにぐち」は1416年(応永23)の寄進で、圏線が細く、繊細な鋳造がなされている。

所在地 養父市八鹿町今滝寺
文化財指定 県指定文化財 鰐口(工芸品)・木造金剛力士立像(彫刻)孔雀明王像・弁才天像・両界曼荼羅図・十六羅漢像(絵画)
問い合わせ
関連サイト
備考