カテゴリー: # 自然 # 山 # 新温泉町 # 温泉エリア 

扇ノ山(2019ふるさと特派員撮影)

扇ノ山・ブナ林(2018ふるさと特派員撮影)

扇ノ山入口(2013ふるさと特派員撮影)

 標高1,310m。兵庫県と鳥取県の境に位置する優しい姿の山。山頂は鳥取県側にあるが、山すそは兵庫県側に広がり、標高800〜1,000mの一帯になだらかな高原状の上山うえやま高原、畑ヶ平はたがなる高原がある。さらに、高原のすそを刻み込むように流れる急峻な谷は霧ヶ滝きりがたき、赤滝、桂の滝などの落差の大きい滝となり、V字の渓谷を刻み込み、やがて日本海へと注ぐ。年間を通じて雨量が多く、植物の生育に適しており、かつてはブナを主とした広大な原生林を形成していた。
 2004年(平成16)、環境保全・自然再生による地域活性化事業として上山高原エコミュージアムが動き出し、2006年(平成18)7月、ベース基地「上山高原ふるさと館」がオープンした。

所在地 新温泉町
文化財指定
問い合わせ
関連サイト https://www.ueyamakogen-eco.net/
備考 上山高原エコミュージアム
(問い合わせ)
※体験メニューあり
上山高原ふるさと館
TEL0796-99-4600