カテゴリー: # 自然 # 山 # 養父市 # 関宮エリア # 香美町 # 村岡エリア 

ススキと鉢伏山 (2019ふるさと特派員撮影)

鉢伏山山頂付近(2016ふるさと特派員撮影)

鉢伏山山頂(2015ふるさと特派員撮影)

大段ケ平登山口から見る鉢伏山(2020ふるさと特派員撮影)

 標高1,221m。南に氷ノ山ひょうのせん、北に瀞川山とろかわやまに連なる高い山で、ハチ高原(鉢伏高原)は神鍋かんなべ高原とともに古くから関西屈指のスキー場として知られている。最近はハチ北高原、東鉢伏高原など、この山を中心にしたスキー場が数多く開発されている。
 また、鉢伏山の山頂は、大きな鉢を伏せたようにやや窪みがあり、その形状から、この名前がついたと言われる。大規模な草原がなだらかに広がり、景観に優れており、ほかでは見られない多様な草原性の生き物が暮らしている。

所在地 養父市旧関宮町・香美町村岡区
文化財指定
問い合わせ
関連サイト http://hyounosenhatibuse.com/
備考 (問い合わせ)
(紅葉情報)
氷ノ山鉢伏観光協会
TEL079-667-3113