カテゴリー: # 人物 # 豊岡市 # 豊岡エリア 

沖野忠雄顕彰碑・出石神社(2020協会撮影)

 治水港湾に尽力した内務省技師。豊岡藩士沖野春水しゅんすいの子として、豊岡市大磯おおぞに生まれた。1870年(明治3)に藩の貢進生こうしんせいとして大学南校(東京大学)に入り、物理学修得のためフランスに留学。土木建築を学び、帰国後は内務省の土木技師として、生涯を治水工事・港湾の開拓に捧げた。日本の治水港湾工事の始祖と言われ、1918年(大正7)に内務省を退官するまで、河川改修工事に彼が関わらなかったものはないとされる。特に淀川の改修工事と大阪築港事業の功績が讃えられ、淀川河川公園には銅像が建立されている。

所在地
文化財指定
問い合わせ
関連サイト http://www3.city.toyooka.lg.jp/kodai/
備考 豊岡市大磯生まれ
(1854〜1921)

(見学可能施設)
出石川防災センター
(いずし古代学習館) TEL0796-52-7100