カテゴリー: # 人物 # 朝来市 # 生野エリア 

志村喬記念館(2018ふるさと特派員撮影)

志村喬記念館(2018ふるさと特派員撮影)

 1868年(明治元)、日本初の官営鉱山となった生野鉱山には、国内外から有能な人物が集められた。人や物の交流があり、最先端の文化が持ち込まれた鉱山町からは、文化人も巣立っていった。

 日本映画史に残る名優。生野鉱山の社宅で生まれ、少年時代を過ごした。名作『生きる』や『七人の侍』など、黒澤明作品には欠かせない役者として、国内外からその演技は評価されている。1973年(昭和48)の帰郷の際には、生家の鉱山社宅にも訪れ、幼い頃を懐かしんだと言う。一般公開されている旧生野鉱山職員宿舎の1棟は記念館となっており、ゆかりの品が展示されている。

所在地
文化財指定
問い合わせ
関連サイト http://asago-net.jp/users/kousyataku/office1006.html
備考 朝来市生野町生まれ
(1905〜1982)

(見学可能施設)
旧生野鉱山職員宿舎
志村喬記念館
TEL079-670-5005