カテゴリー: # 暮らし # 建物 # 朝来市 # 生野エリア 

旧吉川家住宅・生野まちづくり工房井筒屋(生野観光協会提供)

旧吉川家住宅・生野まちづくり工房井筒屋(2018ふるさと特派員撮影)

旧吉川家住宅・生野まちづくり工房井筒屋(2018ふるさと特派員撮影)

吉川きっかわ家は、銀山を所有していた山師やまし井筒屋いづつやの屋号を名乗り、天領であった生野には公儀の宿舎として利用された郷宿が6軒あったが、そのうちの1軒を務めたことで知られている。旧吉川家住宅は、郷宿の遺構として鉱山町であったこの地区の歴史的特性をものがたる貴重な文化財といえる。
敷地内の建造物は、歴史的遺構である主屋、離れ、内蔵、米蔵、土蔵の5棟と、付属屋(便所棟)等からなる。2006年(平成14)に、まちづくり拠点施設として整備され、「生野まちづくり工房井筒屋」として、地元住民によって管理運営されている。
朝来市の景観形成地区に指定されている口銀谷地区では多くの伝統的建造物が継承されているが、中でも旧吉川家住宅は残存する家相図や史料による検証からも歴史的変遷が明瞭で、今も伝統的な屋敷構えをよく残している。

所在地 朝来市生野町口銀谷
文化財指定 国登録有形文化財/兵庫県景観条例景観形成重要建造物等
問い合わせ
関連サイト http://sasayuri-net.jp/users/izutsu-ya/
備考 (見学可能施設)
生野まちづくり工房 井筒屋
TEL079-679-4448