カテゴリー: # 暮らし # 伝統工芸 # 豊岡市 # 城崎エリア 

麦わら細工

 江戸時代の中期、享保年間に因幡いなば(鳥取県)から城崎温泉にきた半七が、湯治の手なぐさみに、竹笛に麦わらを張りつけたことが始まりとされる。その当時、林屋旅館に泊まり、麦わらで花かごや虫かごをつくり、麦わらの色つけもしたと言われている。
 麦わら細工は、大麦のさやを色染めして、ストロー状のものを編み込む「編組物」。さやを切り開き、花鳥などの模様を桐箱に張っていく「模様物」。そして、幾何学模様に張っていく「小筋物」に分けられる。すべて手作業に頼るしかない麦わら細工は、つくる人の心がそのまま作品に伝わり、温泉客に人気の高い土産物となっている。

所在地 豊岡市城崎町
文化財指定
問い合わせ
関連サイト http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/info/mugiwara.html
備考 ※体験メニューあり
城崎麦わら細工伝承館
TEL0796-32-0515