カテゴリー: # コラム # 養父市 # 朝来市 

明延鉱山

中瀬鉱山

生野鉱山

神子畑鉱山

~ 資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍 ~

 明延あけのべ鉱山(養父市)、神子畑みこばた鉱山(朝来市)、生野いくの鉱山(朝来市)及び中瀬なかぜ鉱山(養父市)は、日本の近代化を支えた鉱山である。これらの鉱山群は鉱石輸送の専用道路などによりつながれ、鉱石や人、物資が運ばれていた。近代鉱山開発の歴史とともに「3つの道」が作られた。第1の道が姫路の飾磨しかま港から生野へ石炭などの鉱山用資材を運んだ「生野鉱山寮馬車道」(銀の馬車道)で、フランス人技師の指導のもと、1876年(明治9)に生野いくの鉱山〜飾磨港(現姫路港)の間、約49kmを結ぶ馬車専用道路として作られた。1878年 (明治11)には飾磨港から津居山港を結ぶ県道となり、1895年 (明治28)には鉄道にその役割を譲った。
 第2の道は1885年(明治18)に完成した神子畑から生野へ「銀鉱石」を運んだ鋳鉄橋のある馬車の鉄道。神子畑鋳鉄橋羽渕鋳鉄橋は、この時に作られた橋である。
 第3の道は明延から神子畑に「すず鉱石」を運んだ明神電車(一円電車)である。明延の鉱石は神子畑選鉱場で選別され、錫は生野製錬所に運ばれた。
 現在、明延、神子畑、生野及び中瀬の鉱山エリアは「鉱石の道」と名付けられ、貴重な産業遺産が保存されている。2017年(平成29)4月には、朝来市から姫路市飾磨港までを結ぶ「銀の馬車道」と、南但馬の鉱山群をつなぐ「鉱石の道」をストーリーとした『播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道~ 資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍 ~』が、日本遺産に認定された。日本の近代化を支えたこの道は、鉱石や物資運搬だけでなく、人、文化、歴史を育み、生み出された独自の景観、地域の営みは現在まで継承されている。